スポンサードリンク

2010年07月15日

日焼け予防対策で忘れがちな眼


日焼け予防対策を特に講じなければいけない時期が、春先から夏場にかけてです。
この時期は、特に紫外線が強まる時期だからです。

そのためこの時期になると、街などでサングラスをかけている人を多く目にするようにもなります。

こういった事というのは、けっしてファッションやまぶしさを防ぐだけではありません。
サングラスやメガネもUVカットのものが多く出まわっていることからもうかがえます。

肌であれば、UVカットの日焼け止めをぬっておくなどできますが、目にはそれができません。

やはり紫外線から目を守るには、サングラスは欠かせないのです眼鏡

近年、眼の病気ということも話題にのぼるところですが、
紫外線は、有害光線とされるものですから、長くこの光にさらされる事は望ましくありません。

それどころか強く紫外線を受ける事で、眼精疲労や視力低下なども懸念されるでしょう。
また眼からも体に入り込むということになれば、肌を含め何らかの悪影響を及ぼしかねません。

紫外線は、ビタミンDを作って骨を丈夫にしてくれる作用のありますが、
やはりその多くは、私達の体に、何らかの害を与えるものと捉えておくべきでしょう。

サングラスは似合わないからしないと、かけない人もいらっしゃるかもしれませんが、
これからは、体を守るための欠かせないアイテムです。

そして同じ、サングラスをかけるのであれば、是非、UVカットのものを選んで予防対策をしていきましょう。

日焼け予防ということでは、なかなか意識のいかない眼かもしれませんが、
特に日差しの強い時期には、気をつけたいですね。


トップへ戻る→日焼け予防-バッチリ日焼け対策やっとかなきゃねわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

posted by mikisuki at 16:08| 日焼け予防対策と紫外線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

日焼け対策としての帽子


日焼け対策の1つに帽子があります。直接頭部にあたる紫外線量を減らす事ができます。近年では紫外線量も増えてきているとされますので、できればUVカットを施したものが選びましょう。またつばの広い帽子などがお薦めです。

しかし、体を動かしたりして体の傾きが変わると、首筋などの隙間から多くの紫外線が注ぎ込む事になります。そんなことから屋外作業などでは、フラップ付きのものが人気をよんでいるようです。

このフラップ付きの帽子は、幼稚園・保育園などでも多く見かけるようになりました。今や必須の物になってきているようです。もちろん、子供達だけでなく幼稚園・保育園の先生や屋外での子育てをするママさんたちも、しっかり帽子をかぶりたいですね。

ただ帽子をかぶる上で気をつけておかなければならないのは、帽子の内側は特に汗で蒸れたり、熱がこもってしまいがちな事です。特に夏場などですと、熱中症などの危険もありますので、通気性が良い物や
冷涼性を持つものを選びたいものです。

さらに紫外線対策を考えるのなら、UVカットサングラス、日焼け止めクリームなども忘れてはなりませんね。日焼け対策で気に止めておきたいのが、アスファルトの照り返しです。

この照り返しが強いときなどは、下からの反射光で日焼けをしてしまう可能性があります。帽子は、日焼け防止に欠かせない物ではありますが、帽子さえかぶれば安心というわけにもいきませんので、他にもいろいろな対策(工夫)が望まれます。

トップへ戻る→日焼け対策-バッチリ日焼け対策やっとかなきゃね手(チョキ)
ラベル:日焼け対策
posted by mikisuki at 22:47| 日焼け予防対策と帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。